固定回線よりモバイルWiFiルーターが一人暮らしにおすすめな2つの理由

固定回線はモバイルWiFiルーターと比べて速度が安定していて、オンラインゲームなどに適していますが、一人暮らしなら私は断然工事不要のモバイルWiFiルーターをおすすめします。

1.一人暮らしの人は外出割合が高い

在宅で仕事をしている人以外の学生や会社員の人はほぼ毎日通学や通勤をされると思います。必然的に在宅の時間は少なくなりますし、平日は家ではほぼ寝るだけという人も多いのでは?

 

どんなに安くても光でマンションタイプなら3,000円はかかります。外にいる時間が長いのに家でしか使えない固定回線に定額の料金は払うのはもったいないです。

 

モバイルWiFiルーターなら通学・通勤中の電車内や移動中もネットが使えます。

2.モバイルWiFiルーターなら通信費の節約にもなる

WiMAX2+ならauのスマホの料金が934円割引になるセット割やワイモバイルならワイモバイルやソフトバンクのスマホの料金が1,008円割引になるセット割があります。

 

さらにスマホで行う通信もWiFiルーターを経由することで、スマホのパケット料金プランを下げることが可能になります。今まで5GBプランを選んでいた人も3GBや1GBにプランを落とすことができるというワケです。

一人暮らしでモバイルWiFiルーターを選ぶ際の注意点

パソコンやスマホに繋げてネットが出来るので、データ通信量はドンドン増えていきます。利用制限があるキャリアを選んでしまうと、2年間(一部機種によっては3年間)速度制限と付き合っていかなければいけません。スマホにある7GB制限というヤツです。

おすすめはやっぱりWiMAXの理由

ソフトバンクとドコモは月7GB制限があるので、利用制限が入ったら2GBごとに2,500円払わないと元の速度に戻りません。

 

実際私は一人暮らしでモバイルWiFiルーターを使っていますが、1ヶ月40GBくらい使用しています。7GBでは全然足りません。

 

ワイモバイルは502ZTと502HWという機種限定でLTEが月の容量無制限で使い放題になっています。

 

ただ、ワイモバイルは502HWと502HWに限らずすべての機種で契約期間が3年になってしまいます

 

さらに月の通信容量に制限はありませんが、3日で3GBを超えると翌日まるまる速度制限がかかると言う謎仕様になっています。

 

実際に速度制限が発動すると速度が128kbpsまで低下してしまうので、ほぼ使えない状態になってしまいます。

 

WiMAXは元々月の容量制限はありません。WiMAXでもワイモバイルと同様に3日制限はありますが、3日で10GBと条件が緩いです。

 

しかもWiMAXで3日で10GB以上使って速度制限が入ってもYouTubeを標準画質で問題なく観られます。OSの更新や大き目の容量のアプリをダウンロードするときにいつもより時間がかかるぐらいです。

 

まとめ

一人暮らしなら容量を気にせずにガンガン使えるWiMAXを選ぶべし

 

WiMAXのキャンペーン比較へ