モバイルWiFiルーター購入前のエリアチェックは必須!

モバイルWiFiルーターの通信速度は一昔前と比べて下り100Mbpsを超えるものも登場してきて、光回線と遜色ないレベルまできました。しかし、こういった下り100Mbpsを超えるエリアとはまだまだ限られた一部エリアのみになります。

 

全キャリアこれからどんどん高速化していきますが、現在ではまだ市街地から離れたエリアでは高速通信のエリア外になってしまうことがあります。もちろんエリア外でも通信自体はできるのですが、従来型の通信規格(3G)になるのでそれほど回線速度が出るわけではありません。

 

また購入する機種によっても最大通信速度が違ってくるので、少し以前に発売された機種を購入する時には注意が必要です。

 

もう一つ注意したいのは、「いつも携帯電話でLTE拾うから大丈夫」という思い込みをしないことです。

 

携帯電話会社ではいくつかの通信周波数帯を組み合わせて、広域をカバーしつつ、安定した通信速度が出るようにサービスが提供されています。

 

見た目上同じ携帯電話会社の電波通信をしているように見えますが、携帯電話に提供されているものとモバイルWiFiルーターの通信規格が同一ではない場合があります。そうすると、通信可能なサービス提供エリアも多少違ってきます。

 

オンラインで購入できるような端末もありますが、購入後にサポートセンターに電話して初めてわかったというようなケースもあるようなので、しっかり確認することが大切です。